車のコーティングは塗装のダメージを軽減する

車は使っていけば、どうしても経年劣化してきます。エンジンなど内部機構はもちろんのことと塗装など外装部も例外ではないです。高速で走らせることで空気中の小さいほこりなど浮遊物のダメージは避けられなくて、雨など水分により塗装劣化して、野鳥などのふんがいも塗装に大きいダメージをもたらします。いつまでも新車時みたいな色つや保つのが理想ですが、こうした劣化で車塗装はだんだんつやがなくなり、場合により色あせてきます。すると見た目のきれいさが失われてきて、塗装の大事な役目の保護機能が低下します。そうしたことを防ぐためにするのがコーティングで、保護膜を作り綺麗さを保つのです。コーティングはワックスなど油脂を津会った油脂系コーティング、フッ素を使った樹脂系コーティングやガラスコ-ティングがあります。ガラスコーティングは塗装の上にガラス質の皮膜を定着させ汚れから守り、いまあるコーティング中最も施工価格高額です。またガラスコーティングのメリットは他のコーティング法と比較して持続力が強くて、耐久期間長いのが挙げられます。その保護効果は平均3~5年程度、走行環境にもよりますが、意外と10年程度持続するjことがあります。また、ガラスコーティングのデメリットはまずコーティング前の下地処理を丁寧にする必要があって、新車の時はそれほど時間かからないですが、経年車両の時は下地処理だけで5日程度かかります。コーティング施したら、被膜安定に1~2週間程度期間が必要で、長期車使用できないデメリットがあります。毎日通勤に車使う方、仕事で車欠かせない人にはいたいです。ほかにはガラスコーティングは油脂成分含まず、ワックスなどと比較して艶豊かでないこと、施工料金高額なこともデメリットです。そして、ガラスコーティングはほかコーティングにくらべ施工料が高額なのですが、その費用節約のためdiyでガラスコーティングをするのはできるでしょうか?方法はまず徹底的な洗車からやり、その後洗車でとりきれない鉄粉を鉄粉除去剤を使って取り除きます。そして下地処理をしますが、車体に目に見えない細かい傷ついており、これを滑らかにしなくてはコーティングきれいに仕上がらないです。ポリシャーなど使用しj削りすぎないよう慎重にやります。その後脱脂剤をつかって表面にある油膜を取る必要が出ます。油分のこってればコーティング剤の定着防げて、丁寧な処理求められる作用です。そして、ガラスコーティング剤塗布することに案り、その時ゴム部などしっかりマスキングしておきます。ガラスコーティング剤ムラにならないよう均一に伸ばし水分などつかないよう乾燥させ、簡素期間は時期もよりますが、1週間程度です。またdiyにするとき手順多くて、下地処理など難易度高い作業が多くありかなり大変です。定着までほこりつかないよう保管する場所確保しましょう。また、愛車綺麗に艶出ししたいといった気持ちは車盛ったことある方はだれでも持ったことあるでしょいう。以前車艶出しはカーワックス定番でしたが、1980年d内にポリマー計コーティング登場し時代はカーワックスからガラスコーティングへ移っています。手作業でできて、艶が出てとても使いやすいカーケア用品で今でも重宝されてますが、雨など簡単に流れてしまうデメリットがあります。一方車をガラスコーティングしたら車につや出るうえ、雨降られても簡単に落ちることがないです。そして車にガラスコーティングするとボディに傷がつきにくいです。全くつかないのではなく、光沢、艶を長く楽しみたい人にはおすすめですまた、今の車コーティング剤の種類は2種類ありますが、ポリマー系、ガラス系で。ポリマーは190年代から市販されてる車コーティング剤であり、割とやすくつやを強く出せるタイプで支持されてます。ですがポリマー系は耐久性弱くて傷つきやすいといったことや、効果の持続期間3~6か月程度と割と短い欠点あります。それを補う車コーティング剤がガラスコーティングであり、これは今のコーティングで最もグレード高いコーティング手段で傷つきにくく、一度ガラスコーティングしてみると1年以上効果持続して、安心して車に使えます。ですが、コーティング剤は価格がポリマー系より高いですですが、光沢が長く続き日常的手入れもとても楽になるという意味でお勧めの方法です。そして、車のガラスコーティングメリットは何かといえば、カーワックスかけなくても濡れたつやが持続して見た目がとてもきれいなのです。車メンテナンスかける時間あまりない人も一回ガラスコーティングしておくと安心です。そしてガラスコーティングは堅い被膜形成して商品により多少違いありますが、洗車傷が軽減されるといわれており、汚れ種類により軽い水洗いで簡単に落ちます。そして、ほとんどの汚れが水洗いで落とせて、普段のお手入れはとても楽になります。水洗いだけなr簡単で、人により自宅のガレージでもできますから、忙しい人も車好きの人にも喜ばれます。ガラスコーティングはメリットが多くて、愛車持つ方ならなるべく施工してみたい人が多いですが、そうしたコーティングもちょっとだけでメリットがります。1つはカーディーラー、専門業者にガラスコーティング依頼するなら、施工費用6~10万円程度で、かなり工学です。利用者にとってその費用一番のデメリットです。そして、完全硬化まで時間がかかり、専門業者によるガラスコーティングは1日でできるのではなくて、この間ダメージ受けやすくてダメージ受ければ再加工しなくてはなりません。業者に依頼したら数日~1週間程度、愛車業者に預けます。これらが業者に依頼するときのデメリットです。そして自分でガラスコーティング剤施工したら価格はデメリットになりません。市販ガラスコーティング剤は数千円~とてもてごろ価格で、カーディーラーの値段と比較すればかなりお得です。そして自分でしなくてはならず、不器用な方はこれがデメリットです。そして自分がガラスコーティングしたら乾くまでの期間雨濡れたりしないよう気を使うことになり、完全硬化までになるべく車庫しまっておく必要があって、これも出メリットですが、荒れた日のちょっとした外出で車使えて、それほど厳しい条件になります。簡単施工可能なガラスコーティング剤さがしみずからガラスコーティングしていくことが一番デメリットが少ないです。そして、ガラスコ-ティングは光り輝く車体キープ可能で、汚れ落ちやすいですが、車コーティングしたことない人はこれはいったいどういったものか知らない人が多いものです。カー用品店、ガソリンスタンドでよく見るカーコーティングはどういった効果があるのか?これは車塗装の上に油脂、樹脂など成分でコートをします。塗装されたそのままの状況だと傷が付着しやすくて、紫外線により塗装劣化してきます。カーコーティングで作られる被膜が外部からダメージを替わり受けて、車の塗装綺麗な状況にしてくれます。カーコーティングは車塗装の上に油脂、ガラスなど成分でコートをしますが、塗装されたままでは紫外線により塗装劣化してきます。カーコーティングで作られる被膜が外部からダメージを替わりに受けて車塗装をきれいな状況にしてくれます。ガラスコーティングをdiyするときコーティング剤に加え道具も必要になってきます。