車のコーティングは紫外線を防止する効果を得るために塗り重ねる

新車ボディーは紫外線焼け、鉄粉固着などないベストな状況でこのタイミングでコーティングをすることにより長期外的要因などからボディーを守ります。そして購入時に新車以上の光沢、艶を得られて長いカーライフが楽しくなります。車は日々外的余韻一さらされ、購入しすぐコーティングするのが大事です。キーパーコーティングはとても細かい分子でコーティング定着させて、塗りたての塗装でも通気性に優れますが、塗装の乾燥過程に出るガスもコーティングした後できれいに抜けます。多くのガラスコーティングはいってるキシレンなど有機溶剤つかわない塗装に優しく、侵食することもなくて、安心です。そしてシャンプー洗車がお勧めでコーティングしてない車と比べて、汚れ落ちがいいですが完全に落とすのはむずかしいです。シャンプーは汚れ分解して溶かす性質があり、シャンプー洗車するのがコーティングにダメージ及ぼすと思ってる方が大事ですが、洗車かけ駄目になる種類のコーティングはそもそも車向かないコーティングです。そして、私はアイシャ専門家としてぬぐいきれない疑問があって、カーワックス、市販ポリマーコーティングは車にいいものかということです。カーワックス施工は雨降る前カーワックス掛けず、カーワックスかけても雨で効果半減したりなりいう方はかなりいます。カーワックスは愛車のボディー保護するのでは?なら雨の前施工するのが普通では?でも実際雨さけて天気続く日にカーワックス掛ければみんな気づいています。カーワックスがすぐ落ちるということ。そして、カーワックス掛け定着した汚れ取れにくくなるのに本能的に気付いています。私は中古車査定もして、塗装経験もあり、カーコーティングのお客へ提供するからにはお客の愛車状態を的確把握することが必要です。またカーワックス塗り込むときに傷ついてる気がする、1回雨降ってしまえば輝き落ちてしまう、洗車機などカーワックス洗車してラ水垢とれないなどのデメリットはカーワックスに含まれる油脂成分によるもので、それは愛車の表面に酸化させ、汚れと一緒になり塗装面痛め続けます。コンパウンド入りの汚れ落ちるカーワックスなど言語道断であり、削ったところに油はいって、さらに愛車傷つきます。またカーワックス塗った直後油乱反射でごまかされてるだけです。結論ととしてカーワックスは車にいいとは断言できないというものです。また、ガラスコーティングについて説明前、車塗装面について説明しますが、素材面は4層からなります。

ガラスコーティングの効果と費用

ガラスコーティングは第5層的役目で施工されるのです。さらなる保護メントして上からガラス面を作り上げるといったイメージとなり、昔でいうワックスを塗るというのはこれに近いです。ですがワックスは磨くとつや感んでますが、汚れなど付着しやすくて、手入れする周期短く、最近マイナーになりつつあります.そしてガラスコーティングなどが主力なのです。ポリマー系は簡単に説明すれば樹脂を車表面にくっつけ膜みたい形で保護するコーティングですが、どちらかといえば柔らかいといったイメージで磨いてつやが出やすくなります。ピカピカ、つやつやといわれるコーティングはこれです。ですが、ワックスよりましですが耐久性はそれほど長くなくて1年に1度程度再度コーティングすべきです。そしてガラス系コーティングは車表面にガラス面を作る形です。硬いといったイメージで耐久性に関し抜群であり結果5~10年の耐久性があるものが多いです。また最近スマホへガラスコーティング施工する業者がいますが、これは車へガラスコーティングとほぼ一緒で特別につや出ることありません。そして、自分でコーティング施工するならコーティング剤を買いますが、きれいにカーシャンプー利用して入念に洗車して、乾拭き後しっかり乾かします。表面おほこりなど取り除き、コーティング剤を塗布します。自分で絶対しないほうがいいといったことが本音ですが、塗装面にムラできやすくて、結果表面光方ゆがむということがあります。表面光方変われば車自体歪んできて、せっかくきれいな車も不格好になるのですそしてうまくほこりなど取れなければ、コーティング剤がこれら閉じ込めることになり、結果汚れついたままとなります。そして自分でできないことないが、プロ目線でみれば積極的にお勧めすることありません。ガラスコーティングは割と値段が高いです。ざっくり10~20万点度かかります。ですが、10年の耐久性などあっても、一度にこれだけの額はきついです。そのため価格面は大きなデメリットです。持続期間=耐久性高く長いものは10年もつとされてますが、放置してて傷が防げるのは誤解です。確かに10年間はクリア塗装のところは守られますが、ガラスコーティング自体傷ついて、傷深く浸透しないだけで表面傷だらけとなること多いです。実際あなたもイメージできるでしょうが、スマホなど強化ガラス使っていくうち汚れがわかるなどの状況になり、車は日常的に外気さらされる以外に細かな砂粒などよくこすれて、結果スマホよりわかりやすい傷が付きます。そして、傷から砂ぼこりなどは言って汚れになることもあり、耐久性高くても傷が完璧防げるのではないのを覚えてください。ポリマー系コーティングと比較してガラスコーティングはツヤ感出にくいです。これは特性であり仕方がないですが、ツヤ感ほしければワックス掛けるかポリマー計コーティング施工してください。また、ガラスコーティングは高いのに傷ついてつやが出にくいことがあって、正直高いお金払うのなら、もっと違う方法を検討しましょう。ポリマー系コーティングの特徴として、つや出るが1年に1度程度サイドかけなおすべきというものです。同時にガラスほどといわないですが、しっかりボディを守るだけの保護をします。価格面はガラスコーティングと比較してやすいです。ですが、1年に1度かけ直しするのは面倒とおもえてきます。ですが、保護しっかりされていて、1年に1度ピカピカになるといえます。価格面でもそれほど高すぎることはなくて、一般的車相場で考えれば3万円前後で済ませられます。そのため1年点検、車検タイミングで同時施工すれば意外に気にならない程度の額ということなのです。また、カーコーティングはワックスがいらなくて、洗車も水洗いだけでいいといわれます。洗車は時間がかかり、水洗いだけで済むなららうですが、本当にそれでいいのか。結論としてカーコーティングした車も洗車が必要なのです。鳥の糞などすぐ落とさないで放置すればコーティングがはがれてしまう原因となります。放置してあと残ったりボディにたまって塗装面いためることになります。コーティング長持ちさせて車きれいな状況にしたければ定期的に洗車をしましょう。そして、コーティングした車も洗車必要で注意しなくてはならないこととして、多くの方が当たり前のようにしてる洗車の方法は間違ってるのが多いです。ただしい方法で洗車しなくては傷ついたり水垢のこったりします。それだとせっかくのコーティングが台無しです。洗車は天気いい日にするのがほとんどで、晴れた日洗車は気持ちいいですが、これは車綺麗にするどころか傷つけることになります。晴れてると洗車中誇り待って車付着した状況で洗車すれば塗装を傷つけるケースがあります。そして、フッ素やシリコンなど成分は紫外線で劣化しやすくて、劣化すれば、その所からコーティングは荒れてくるのです。本当の洗車日和は雨上がりの日、温度高い曇りの日などせっかくコーティングした車傷つけないよう晴れた日の洗車はやめましょう。そして、来間汚れ落とそうと一つの箇所洗いがちですが、車にはよくないです。
ガラスコーティングやカーコーティングについて