仕上がり綺麗になれるもの

本格コーティング膜をつくいりたいときにお勧めはカーメイト グランズ ボディコーティング コンプリートセット C121ですが、セット内容はコーティング本体、施工用クロス、下地処理剤などで、業者がコーティングするときコーティング仕上がりは下地いかにきれいに仕上げるかにかかるといった話をよくきます。このセットは下地処理剤に加えて塗装面に付着してる鉄粉など取り除く専用鉄粉除去用ネンドも付属していて、念入りに下地仕上げたい人にお勧めです。コーティングは下地処理終わったら完全乾燥させてやりますが、作業としては施工用クロスにスプレーしてパネル語と塗広げてすぐ仕上げようクロスで吹き上げ、5時間以上乾燥させれば完了します。十分乾燥必要で作業をするとき降水確率あらかじめチェックしてください。気になる仕上がりですが、大気中水分と反応しガラス被膜に変化するポリシラザンと異素材使われていて、一般的簡易タイプの水溶性ガラス系コーティングに比べて塗装表面との密着性高く、高い耐久性発揮してくれます。コーティング持続きなにゃく1年で施工から約2^3か月は撥水、その後親水膜変化して、撥水キープしたければ重ね塗りしてみてください。