カーコーティングの効果について

※カーコーティングは車のボディの表面をなだらかにする

カーコティングの効果ですが、カーコーティングには車のボディ表面をなだらかにする効果がある物が現在では主流となっています。これは俗にいうガラスコーティングと言うもので現在主流のコーティング法です。このコーティング法の利点は車のボディ表面をなだらかにすることができ、表面がなだらかになるおかげで車のボディは光で傷のある部位を乱反射させ傷を目立たなくするのです。これはガラスコーティング以前のコーティング剤の場合、表面を削ることが多い研磨剤を使用したワックスが主流だったのですが、現在ではボディの表面を削るのではなく、あえて表面をなだらかにしてつるつるにして光を乱反射させる塗膜を形成することにより、傷を目立たなくする手法としてガラスコーティング剤にてカーコーティングを施しているのです。

※カーコーティングは泥の付着を抑える効果もある

カーコーティングですが現在のガラス系コーティングの多くには、泥などの汚れが付着した際、すぐに水洗いすれば落ちるコーティングが主流となっています。これは、ガラスコーティング剤がボディ表面に張り付き塗膜を形成することで泥がボディに付着した際、塗膜ごと滑り落ちるまたは、塗膜が泥のみを落とすなどの手法で泥を寄せ付けないのです。ただし、ガラスコーティング剤の種類によってはこのガラスコーティングに異なりがあり、シリコン塗膜を形成するものもガラスコーティングとして紹介されており、シリコン塗膜の場合、だんだんと剥がれ落ちてしまうため、何回も施工をして塗膜を維持しないといけないガラスコーティングもあります。本格的なガラス結晶を作るタイプは塗膜が結晶化することで強固な塗膜、かつ摩擦係数が少ない塗膜になるため、汚れが付着すると滑るように落ちるのです。

※カーコーティングは艶を出す効果もある

カーコーティングは、車に艶を出す目的として使用されることもあります。これは一つは油脂を使用したワックスの場合、艶を出す成分がワックス内に配合されており、ワックスを車のボディに塗ることで艶を出すのです。油脂ワックスの特性は艶を出す成分をワックス内に含ませやすいのが利点ですが、デメリットとしては、車のボディにとっては良いものではないことが多く、化学薬品を使用しているものもあります。その為、金属の車のボディに対しては効果的ですが、プラスチック繊維でできている車のボディに対しては、化学反応でボディが変色してしまうこともあり適切なコーティングではないと言えます。そこで生まれたコーティング剤がプラスチック用艶出しコーティング剤で、仕組みとしては、中性の液体の中にプラスチックの洗浄および汚れを浮きだたせるポリマーを含ませているものが多いです。こちらを使用すればプラスチックで構成されている部品や車のボディに対してもカーコーティングを施しつやを出すことが可能です。

※車のボディを太陽光から守る効果がある

カーコーティング剤は車のボディを紫外線から守るものがあります。これはガラスコーティングやワックスなどがその部類になり、紫外線から車のボディを守ります。紫外線は車のボディを変色させるため、車のボディを守るには紫外線を吸収する物をボディに塗布する必要があります。特に赤い色の車は紫外線に弱く、変色してしまう要因が多いため、ワックスの他コーティング剤各種を使用してボディを守る必要性が高いのです。

※カーコーティングの効果は新車ほど高い効果を発揮する

カーコーティングの効果ですが、車が新しければ新しいほど効果を示します。これには理由があり、カーコーティングは車のボディ表面に傷があると十分にコーティングをすることができないのです。その理由としては傷がある部位にコーティングを施した場合、光の加減でコーティングした部分が強調され、傷のある部位が浮き出してしまい、逆に傷がある場所が目立ってしまうのです。その為、艶を出す、汚れが付着しにくいというコーティングを施した場合、傷がある部位はコーティングが浮き出し十分にコーティングされないのです。その為、ガラスコーティングや他のコーティングにおいてもボディを新車同様に磨き上げ、傷を消してからコーティングを施すのは傷がある部位がコーティングの効果を妨げてしまうため、コーティングができるよう、ボディを削りきれいに整える必要があるのです。これが、ボディの表面が凸凹な傷がある場合、コーティングを施しても凸凹部分に汚れが付着しますのでコーティングは意味を成さなくなるため、多くの自動車コーティング会社は車のボディを徹底的に綺麗に表面を整えるのです。ですのでカーコーティングが新車であればあるほど傷なども付着しておらず、コーティングを施す側も手間がかからずすぐにでもコーティングをすることができるのです。逆に新車でも簡単に傷が入る樹脂タイプのボディほどコーティングが難しく、樹脂タイプのボディのコーティングがあまり存在しないのはその難しさに由来しているためです。
車のコーティングの効果を詳しく見る

※古い車でも劣化を遅らせることは可能

車のコーティングをすることにより、古い車のボディも同様に劣化を遅らせることは可能です。カーコーティングは紫外線による劣化を防ぐことが主であるのは先に述べました。古い車はすでに紫外線にさらされていますが、きちんとコーティングを施していれば、車の塗装を傷めることなく、何時までもその車の表面を維持することができます。その為、古い車でもガラスコートや特殊コーティングを施すことには意味があるのです。車のボディは大丈夫でも車に使用されている塗料は紫外線に弱く、古い車の場合だんだんと劣化をしてしまうと色が変色してしまいます。ただ、古い車の多くは、現在の車と異なり、かなり分厚く塗装膜が形成されているため、実は表面の塗膜がやられただけで、車のボディ表面を少し磨くと案外塗装がしっかりしていることもあります。その為ワックスなど研磨剤を含むコーティング剤で古い車を磨くと輝きを取り戻したり、ボディが再度綺麗になるのは塗膜が熱く、古い塗膜が削り落ち、新しい塗膜が現れたからなのです。逆に現在の新しい車でワックスのような研磨剤が入っているカーコーティング剤を使用した場合、このような結果にはならないことが多いです。その理由ですが、現在の車は、燃費性能を向上させる必要性があり、塗装の膜を薄くしているため、少し削ると塗膜がすべてなくなり、車のボディの地金が見えてしまうのです。古い車だからこそ、カーコーティングをすることに意味があり、古い車だからこそ、ボディの塗膜が厚く、ワックスを使用して再度艶を取り戻せることができるのです。

※終わりに
カーコーティングの効果は、多くは艶を出したり、変色を防ぐこと、泥の付着などの汚れを防ぐことが主です。古い車においては劣化を抑えるための手段としてカーコーティングを施工することで車のボディを維持することも可能です。逆に何のコーティングも施さなければ、車のボディはどんどん劣化していっていると言ってもよいです。カーコーティングの最大の効果は車のボディの劣化を止めることが主で、身近にできる範囲内でのコーティングが車のボディのカーコーティングになります。それ以外の車のシャーシをコーティングすることは難しく、あくまで車のボディを維持することがカーコティングで、カーコーティングとは車のボディを守る手法であると言えます。