ガラスコーティングでの驚きの撥水効果

私は、これまでガラスコーティングを検討したことはなかったのですが、ある日、高速道路を走行しておりました際に、滝に打たれたかのような雨に見舞われることがありました。ご存知の通り、高速道路上では、ハンドルを少しでも切っただけで、ぶつかりそうになってしまうことがあります。そのような状況の中で、高速道路走行中に、滝のような雨に見舞われたことで、全く視界が見えない状況と言うのが僅か数秒でもワイパーを拘束に活用してもそのような状況が続く中で非常に怖いと思いました。撥水をガラスコーティングをしていないことで、僅かの時間でも雨だまりができることによる恐怖を覚えた瞬間でもありました。特に私は、高速道路を通勤のコースとして使用しておりますので、梅雨の時期や、積乱雲が発達している時期では非常に怖いと思いました。このようなことが起こって欲しくないので、ガラスコーティングを購入しまして、するとその効果に目を疑う形でありました。滝のような雨に降られた際でも、大きな雨粒が上に押し流されていくような形で、全く怖くなくなったのです。これまでは、大きな雨粒が一面に潰れて広がる形でありましたが、雨粒の状態で上に上に持ち上げて行ってもらえることによる爽快感を実感するものでありました。